十三の風俗の凄さを見た

 >  > お気に入り風俗嬢中毒

お気に入り風俗嬢中毒

俺のことが大好きだと言ってくれた女がいたんですがこの間全然俺のこと好きだといいながら相手にしてもらえなかったです。マジであれは営業トークだったのかと思うと悲しいです。でもあの風俗嬢はめちゃくちゃ色気があるんですよね。本当にフェラのテクニックは最高で私はかなり勉強したと自分で言ってました。俺はあれからすごく好きになっていてますます俺のことを好きになってほしいと思って口説いてみたら本当の彼女にはなれないとはっきり言われました。あくまでも客だからと・・・それでも俺はあの子の色気のある姿とかが好きなんで結局予約を取るんだろうなあと思います。この間は俺の大好きなピンク色の下着をつけて俺のモノをパイズリしながらめちゃくちゃエロイ顔してこっち見てくるんです。たまらないんですよね。風俗嬢とめちゃくちゃ楽しくプライベート過ごせたら最高なんですがそんなの妄想に過ぎないんでまたお金出して彼女に会いに行こうと思います。

かなり痛い目にあった風俗店

とんでもないレベルの風俗嬢に遭ってしまい自分としては最悪な展開になったと今回の風俗では思いました。いやらしいのは期待しているんですが、自分の場合は特にルックスなんかは気にしないんですよ。自分としては結構ストライクゾーンが広いと思っていましたし、実際に周りにもそう言われましたので安心していました。しかし実際はとんでもなく酷いことになっていたんです。会った瞬間これはやばいと思えるくらいのルックスなんで正直今回の風俗は終わったと最初に諦めてしまうほどでした。なんとなくこのソープで働いてるらしいこの31歳の女性なんですが、やばいと思ったのはとにかく凄い太っていたところ、肌がボロボロだったところですね。間違いなく男として攻める気なんて起きないような体のメリハリのなさは、確実にこれまで自分が相手をしてきた女の子とはレベルがちがいました。もちろん悪い意味でですよ。ここ最近の自分の中ではかなり痛い目に遭ってしまった体験になりました。

[ 2015-04-01 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ